たちあがれ!きみがいるまで何度も

タッキー&翼がだいすきで"最大の味方"な滝担が故に甘く優しくちょろいおたく

好きは簡単に消せない

『おじさんはカワイイものがお好き。』第4話。書くのが遅すぎて、最終回も終わってしまったけれど私の記録だからマイペースに書いちゃう。

ケンタくんは小路さんが元妻だと紹介してくれなかったことにモヤモヤ。そんな事に気づかない小路さんはケンタくんへのサプライズとしてパグ太郎のドリームショー当選に必死になってるところに…心にもないこと言って取り繕ってるケンタつばーさと会ってしまいそして距離を置かれてしまう第4話。(まとめ方が下手)ちょっとしたことの積み重ねでモヤモヤは増すし、すれ違うし…って恋か!って思うけれど不器用だけどひどく真っ直ぐで真摯な友情なんだよね。私もジャニオタ隠して生きているのでケンタくんが心にもないこと言って一般の人に対して取り繕うの見てるこちらがぐさりときた…あれ言ってる自分が結構傷付く。ケンタつばーさがしょんぼりする顔の時の睫毛の長さたるや。長い睫毛大好き芸人の私にはたまらん。ワイルドな風貌でそんなしょんぼりするなんてかわいい!とオタク発動。

当選祈願に推しカラーに力をもらうってさ、多分推しとかいない人には理解できないかもだけど、たかが色だけどなんだか力がある気がするんだよね。現場に行く洋服や当選祈願だけじゃなくて、自分のテンション上げたい時とかもメンカラの洋服選んだりいまだにこっそりしてる。職場の机の上の色もそんな感じだし。ピンブルはつい反応してしまう、素敵なお色なのになかなかないのが残念だけど。

猫カフェでの真純くんと鳴戸さんの会話「『好き』大事にしてほしいです。全部の想いが届くわけじゃないけど。それでも簡単に消せないのが好きなのかなって。」「消せない好きじゃどうしようもない。」って好きを諦めないってこちらまで励まされた気がした。好きを諦めないって私のように今姿の見えない人が好きな人間にとってはすぐ豆腐メンタルが故の弱気になったりする私には染みた言葉だった。好きだから諦めなくていいんだって単純だけど強い。何かあるたびにモヤモヤしたり戸惑ってしまったり悲しくなったりするけれどなにがどうなっても好きだから諦めなくていいんだって思うとこれからも応援し続けようってすとんと気持ちがおさまる。放送時間が23:59からってまた深夜なのが効くのか(?)一日の終わりに優しい気持ちに救われたような気持ちになる。

って、休日に浮き輪かぶって前から歩いてきた上司にさしてツッコミ入れない鳴戸さんってすごくない?そして眞島さん浮き輪かけててもかっこよすぎん?

思い出のネギラーメン『中華料理 蘭州』

東銀座、新橋演舞場のすぐそばにある『中華料理 蘭州』

滝担さんはきっと見覚えある滝沢歌舞伎中の滝沢連合でひたすらにタッキーがネギラーメンを食べている経過が更新されたあの時の"あのネギラーメン"のお店。

ネギラーメンはメニュー表にはなくて、タッキーのネギラーメンありますか?とお店の方に言わなきゃいけないのが普段はジャニオタ隠して生きてる人間には急な羞恥プレイ感あるけれど。そんなプレイも気にならないくらい美味しいネギラーメン。すっごいネギの量だけれど、大きな斜め切りではないネギの刻み方がスープと絡んで美味しくて好き。ネギのシャキシャキ感がたまらん。ネギとラーメンがだいすきなタッキーが好きになる気持ちがよくわかる逸品。美味。(私の写真の撮り方が超絶下手で伝わらない…) 

f:id:tuna0911tt:20200917233803j:image

この前久々に出張帰りにたまたま寄って、恥ずかしい気持ちを抑えてしれっとネギラーメンを注文。久々な相変わらずのネギたっぷりさと少しピリ辛な味がとても美味しい。ねぎねぎしくて最高。タッキーもたまには食べてるのかなぁとかタッキー元気かななんて思いを馳せたりしながら味わっていたのに、9月19日で閉店してしまうことを今日知りました。コロナの影響とかなのかな…残念だし悲しすぎる。私たちがまだ知ることができていた時のタッキーの好きなものは残っていてほしい。ほんの些細な少しのことでも繋がってるなって思っていたいし、タッキーにはタッキーの好きなものを食べて少しでも笑っていてほしい、って謎の親心?全開で発揮するけれど。こうやってタッキーのエピソードが少しずつ消えてしまうのかなとかそんな気持ちになってしまい寂しい。閉店のことタッキー知ってるのかな…気がついて最後にネギラーメン食べられるといいな。

ネギラーメン食べてる途中を更新してるだけの滝沢連合でもほっこりして幸せな気持ちになったこと、滝担さんとネギラーメン食べに行ったこと、新橋演舞場に行く時とか、ネギラーメンが食べられなくなってもあの味と思い出が忘れられなくて、ふとネギラーメンを思い出すと思う。思い出はとけないよね。

タッキー&翼18周年!

タッキー&翼

18周年おめでとう〜〜!!

今日はタッキー&翼のデビュー日。なんと言われようとも18周年。タッキー、翼くんおめでとう〜!!滝翼!タキツバ!って意味もなく声に出していいたいくらい祝いたい。記念日めでたい、毎度自分のは忘れるけどタキツバは別。

普通の人にとっては今日はただの平日(あ、でもはなきんか)でしかなくても、それでも今日はやっぱり私にとっては特別な日で、本人達が忘れていても覚えているのがオタクたる所以。もちろん、あのお知らせがあったのでこの日が近づくと憂鬱だと感じる方もいると思う、気持ちすごくわかる。もう2年も経つなんてあっという間で、でも果てしなく長くも感じて。でも相変わらず会いたいし、いない世界でいま頑張ってる自分偉くない!?って褒めたいし(自分に激甘タイプ)、気持ちごちゃごちゃだけれどデビュー日という日はなるべく楽しい嬉しい気持ちを忘れずにいたい。タッキー&翼のデビューがすごく嬉しかったこと今でも覚えているくらい嬉しかった気持ちを消されたくないな。笑って泣くくらいでいたい(これじゃ単なる情緒不安定)。

"びっくりするくらい好き"って言われたいとこの前、セブンルールでYOUさんが話していたけれど、びっくりするくらい好き!って未だに言い切れるくらいタキツバへの好きの気持ちは変わらないままで。いい天気の日は気持ちいいなって感じるのと同じくらい永久不変にタキツバ好きだなって思わせてくれていてありがとう。タキツバは唯一無二で素敵で無敵なのはこれからも。今のおふたりを応援しながら、またいつかおふたりの道が交わり会える日を待たせてください。びっくりするくらいダイスケ!ではなく、びっくりするくらいだいすき!(…`д´)(´∀`・・)

 

追記

翼くんがインスタで

#今日は特別な日

ハッシュタグしていて、覚えていてくれて、それを言葉にして届けてくれたことがすごく嬉しい。

気持ちは黙っていては伝わらない

『おじさんはカワイイものがお好き。』第3話。またしても振り返りが遅い。恋する乙女の話みたいだったけど(いや違う)なんだか切なかったなぁ。

九州への出張にウキウキしている小路さんとケンタくん、そしてイライラの鳴戸さん。ケンタくんと鳴戸さんのかけ合いが面白くて、猥雑な服装と言われるケンタつばーさ。猥雑とは、みだらで下品なこと。また、そのさま。と辞書に載っていましたが猥雑な服装って、あみあみのスケスケのインナーとかいうんじゃないの?(若き日のタッキーの衣装)   翼くんって猫が苦手だった気がするけれど、猫カフェ大丈夫だったのかしら…つばーさだけ猫ちゃんと触れ合うシーンがないのはそんな配慮からなのかしら。

プレゼンで若干落ち込んでいた鳴戸くんへのフォロー&褒め方が小路さん最高すぎない!?褒め方うますぎない!?あんな上司ほんとにいたらそりゃあ職場きゃぴきゃぴするよね。イケオジ素敵。

出張にうきうきしているケンタつばーさかわいすぎるし、笑顔で早歩きしてるケンタつばーさかわいすぎる。なのに後半は寂しそうなケンタつばーさの表情。翼くんの愛がが重いのはいつものことでしょ、好きになったらお揃いのブレスレットとか(タッキー)洋服とか美味しいものとか(優馬くん)どうせあげちゃうんでしょ。とケンタくんと翼くんってなんだか共通点がある気がして。

小路さんの元妻登場しましたが、元奥さんからしたら自分の好きな人が、何考えてるか分からなくて黙っていることも多くて、物理的には距離の近い人なのに内面では永遠に縮まらない距離感の人と一緒にいるって辛い。どんなに相手がイケ散らかしていても一生近くはない一定の距離感ってなんか辛いよね。頭の中で考えていても、言わないと気持ちは伝わらない。それは好きな人に対してだけじゃなく友達とか家族とかにも当てはまる。考えなさすぎもよくないけれど考えすぎて言葉足らずもよくないよね、バランス感難しいけれど。

この3話ずーっと気になったのが仙台じゃなくてロケ地が幕張…千葉やん!!

イケメンって切なさや儚さが似合う生き物

9月は切ない。どうしたってタッキー&翼の解散やらタッキーの引退や翼くんの退所のことを思い出しては切ない気持ちになってしまう。とりあえずイケメンって切なさとか儚さとか似合うじゃん、だから余計に切なくなるんだろうなって思ってる。(?)  デビュー日のおめでとうより切ない気持ちが勝ってしまう、なぜプラスの気持ちよりマイナスの気持ちの方が強くなってしまうのか…昔はそんな月じゃなかったのにっていつまで言ってんだと思われてもこの気持ちはずっと残ってしまう。去年なら切ない〜って言いながらもタキツバ友達と遊んだり飲んだり飲んだり飲まれたり(酒ばかり)してわいわい騒げたけれど、今年コロナだからな…ってあと何回コロナだからな、とかコロナめとか言わなきゃいけないんだ!いい加減飽きたよコロナ。遠くのタキツバ担に会いに行ったり、集まって上映会したりお酒飲んだりしながら騒ぎたい。切ない気持ちもみんなで集まれば切ねえ〜!って切ないなりにも笑い飛ばせる気がするんだよねって私が繊細さのかけらもないがさつな人間だからかな。たまにしか会わないし年齢もバラバラで共通点と言えばタキツバのおふたりが好きなだけなんだけどなんだかんだ気持ち救われてたんだなぁ。

ここに来て当たり前のことなんてないんだよなぁってついつい今まであるのが当たり前になってたこと、与えられるものへの要求が高くなっていたこと、贅沢に慣れきっていたことに対して反省。感謝を忘れるとろくなことないよね。

誰でも彼でもオープンにする必要はない

『おじさんはカワイイものがお好き。』第2話(振り返りが遅い)。木曜深夜ににやにや観ながら癒されるこのドラマ。"ファンシーショップ"という言葉を眞島さんと翼くんに何度も言わせたことによりパワーワード感がすごい。

初めて推し談義ができる人を見つけた小路さん。推し談義の楽しさってわかるー!小路さん(眞島さん)がキャピキャピしていて、でも突然気分が高揚しすぎたって急に冷静になって真顔になる小路さんに爆笑。私もタキツバの話ができる友達はとても少ないけれど会えばずっとタキツバの話してるし、側から見たらあんな感じなんだろうな。そして他の人に話すともっと愛が募るのもわかる。でも触れられたくない部分や人に伝えるの面倒って話も、否定されるのが怖いってこともおじカワは伝えていて楽しい話だけじゃないこのバランス感がこのドラマいいよね…!

かわいいドールハウス見せられても、彼氏が翼くんならどってことないわってオタク目線を発動させ。くまのがっこうのドールハウス彼氏から見せられたら泣くかな?若かったからかな?あんな素敵な人のそれくらいの趣味くらい全然許容範囲だよ。逆に犯罪を犯すような趣味じゃないんだからどんどんやればいいじゃんってなりそう。「誰でも彼でもオープンにする必要ってないと思うんですけど。俺、小路さんにはもう隠し事はしないかな」なんて言葉をケンタくんは小路さんに伝えていたけれど、そんなこと言われたらイチコロで好きになるわ…ちょろい。自分の趣味を否定されるって悲しい。私はタキツバを否定するような男は叩きのめすタイプの強めスタイルなので別に気にしないけれど、相手が好きなものを好きになれたらいいけれど好きじゃなければ好きじゃないなりに傷つけないとか、受け入れたりお互いを尊重しないとなぁとか思う。優しくありたいぜ。

子供を怖がらせる要素(服装)で、ジャパニーズ借金とりなケンタつばーさがかわいくてかっこよくて。伏し目をした時のつばーさのまつげ長さたるや…黒目のくりくりさたるや君は本当にかっこいいねぇ。中目黒で踊ってそうな人だったのに、ほんとに中目黒に住んでるのかよっ!ってみんなツッコミいれてそうな第2話だったなぁ。

明日の今頃は陽気な歌でも歌っていようよ

Twenty★Twenty『Smile』フラゲしたよ!ってとっくに発売日過ぎ去った後に更新する時空の歪み感(ただ更新するの遅かっただけ)。

f:id:tuna0911tt:20200826221532j:image

ダウンロードもしてたけれど、CDを手元に欲しくなってしまう世代。いまいちダウンロードを信じきれない気がしてしまうんだよね。すぐ消えるだろみたいな疑いかけちゃう昭和感。

初回盤のCD買わないと特典のオリジナルフォトブックやDVD見れないし、DVDはお得な見どころ満載の映像がついてくるので購入して損はないかと思う!こんな歌割りになってたんだとかわかるし、お顔の良き集団が素敵な歌を歌っているって平和な空間だよ。。お顔の良き集団のなかでも顔面国宝級であるタッキーは当たり前に映っていないけれど、映っていないところにタッキーはいるんだろうなって思ってみてた。滝沢歌舞伎のメイキングの時みたいにみんなのこと見守ってるのかなとか思ったりして。想像しかできないからタッキーに会えるなら私は今すぐエスパーになりたいよ。

Smile良い曲すぎて今仕事で自分の置かれた環境が苦しかない状況だからか聴いているだけでうるうる。つい色々考えすぎたり疲れたりもやもやしたり暗くなることもあると思うけれど、歌詞にある"明日の今頃は陽気な歌でも歌っていようよ"って思えるくらいの気持ちでいたいなと。今の時期だからこそこの曲を多くの人に聴いてもらいたい。なにげにWash Your Handsが聴けるのもいい。はじめまし手〜♪って耳に残って気を抜くとたまに鼻歌で歌ってしまう。あんな豪華なフォトブックや特典DVDもつくのにこれがチャリティになってるとかこちらがありがとうございますと感謝しかない。12月末までの大型公演が全て中止になりコロナ対策にとってはいいと思うけれど、企業としては大打撃だよね…そんな中でもチャリティやなにか楽しんでもらえるようにって考えてくれることって嬉しいし素晴らしい。今スペイン風邪が流行った時の話を歴史として聞いたりする機会があるけれど、100年後くらいにこのコロナのことが歴史として話される時に手洗いの歌が流行り…とか残ってくれたらなんか面白いな。そしてジャニーズのことも残っていたらいいな。

 

『だけど忘れないで君の笑顔に逢えるそれだけで生きていける僕がいる』って歌詞は本人達の思いかもしれないけれどファンも同じ思いだと思う。私はまさにタッキーだなぁ。昔からタッキーに会えればどんな時も幸せな気持ちをくれるし癒されるし、頑張ろうって思わせてくれる存在。そんな存在の人なのに今じゃ世のオタクの気に入らなかった事はすべてタッキーのせいにされている現状で、嫌なこと気に入らないことは全てタッキーのせい、新しいお仕事や良いことはすべて自担の努力と言われる昨今なのがとても苦しいけれど。だからこそいつだってタッキーのこと応援している人間でありたい。いまはタッキーの笑顔に逢えないけれど、笑顔で過ごしていますようにと願っている。タッキー、滝担たちは大げさではなくタッキーの笑顔に逢えるだけで今後も生きていけるってみんな思ってるよ。