たちあがれ!きみがいるまで何度も

タキツバとタッキーと翼くんがすき

良いことだけしかおきてほしくない

『孤高のメス』第3話。どろどろ。。ドラマの中でくらいタッキーのやりたいことを邪魔しないで足引っ張らないでって思っちゃうくらい当麻先生にタッキーを重ねてしまう。ドラマだよってわかってても真剣にみてしまう。予定があってもだいじょうぶと答えてしまう良い人で、心優しくて、そんな当麻先生には良いことだけしかおきてほしくない。

当麻先生みたいに後輩を信じてチャンスを与えるって簡単なようにみえて実は難しい。誰かを信じるって、自分がやった方が早いし確実だしって気持ちを抑えて、誰かにチャンスを与えるって人間ができてるよね。内面も外面も美しくてうっとり。なのに熊本弁で電話しながらもぐもぐしてる姿には癒される。癒し効果はんぱないなマイナスイオンも目じゃないな。タッキーはひとりで様々な効能がすごい。
予告で当麻先生泣いてて、演技だってわかっててもタッキーが泣いてる場面をみると苦しい。当麻先生のお母さんどうかご無事で…
野本先生のクズさ加減が本当に腹立つ〜!笑

 

孤高のメスってみるのつらい。『滝沢秀明』って文字にさえ。なんでいないんだろう?ってすぐ思ってしまうから。好きだからつらいけれど、このつらさがあったとしても好きな気持ちの方が大きいからこのまま好きなんだろうし、孤高のメスもみちゃうんだろうな。自分が思ってるよりもタッキーのことも翼くんのことも好きなんだよなって思う。

解散退所引退の際にこのブログも2018年でやめようと思っていましたが、唯一ブログを知っている友だちが「しがない小さなたいしたことないブログでも(ディスられまくってる笑)、好きなことを、会えなくなっても好きって言い続けることも応援のひとつとして大切ではないかな。こんな時だからこそ応援が必要でしょ。」って言われてあぁそっかと続けていますが、今となってはやめないで本当によかった。ここに書くことで気持ちの整理もできる。吐きだすところがないともやもやが消化できずに悲しさと寂しさに押しつぶされて嫌になってたかもしれないなと思ったり。。

羨ましいって気持ちは、上をみてくらべてもキリがないし、下をみてくらべてもキリがないし、誰かと誰かをくらべてもいいことなんて特にないし自分が疲れるだけだからしないって決めているけれど、会えるひとはいいな羨ましいなってつい思っては泣きそうになる日はどうしても消えないな。